ニートで病む生活からの脱出体験談

ニート 病む
私は2年ほどニート生活をして病む生活をしていましたが、脱出できたので体験談を書いていきます。

東京で一人暮らしをしながらニート生活を送っていて、どうやって生活していたかというと、毎月親から仕送りを10万貰っていました。

そもそも最初に東京に上京をするときは、就職も決まっていたので夢と希望で溢れていてキラキラとした日常を思い描いていました。

IT系に就職して3ヵ月も経たないうちに鬱病になってしまい退社し、それからは一人暮らしの家に引きこもる生活をするとこになり、心身ともに無気力な状態が続きました。

無気力な生活をしてしばらく経ったら、働いていた時よりも病むようになってしまい心の底から笑えなくなってしまいました。

私が住んでいたアパートのの近くには中学校があり、毎日のように子供たちの声が聞こえてきていたので、将来あるキラキラした子供たちの声を聞き、今の自分と比較してしまい余計に病むようになりました。

「私は何故、こんな生活をしているんだ」と毎日のように自問自答

ニート 病む
実家ならともかく、一人暮らしで親から仕送りをもらい続けるなんてなんてシャレになりません。

すぐにでも実家に戻ればよかったものの、私自身相当プライドが高い方だったので東京に負けて帰ってきたと親に思われるのが嫌で意地になって東京の生活にしがみついていました。

私は一人っ子で甘やかされて育ったので、親からしたら毎月10万の仕送りなんて大した痛手ではなかったのだと思います。

親への罪悪感を感じながらも仕送り生活で病む日々を過ごしていたので、なんとか脱出しようと就職サイトなどで色々な職種に応募してみたのですが、面接に行くのすら怖くなってしまい、結局応募しても面接にいかないという最低な行為をする日々が続きました。

そんな日々が2年続いたとき、同じくニートをしていた友達から連絡が来ました。

その友達の話では家に1年も引きこもっていたら親から相当怒られたらしく、仕方なく親の会社で働くことになったと言っていたのですが、私からすれば唯一のニート仲間を失ってしまう瞬間でした。

ニート 病む
自分だけ置いて行かれ取り残された気がして余計に病むようになりましたが、このままではいけないと思い、思い切ってコールセンターのアルバイトに応募しました。

コールセンターを選んだ理由は時給が1200円スタートだったので、長期間無職だった自分には相当高額な時給に感じたからです。

見事に受かってくれたので、無事にニートを卒業することができましたが、今思えばなんで無駄な時間を過ごしていたのかと不思議に思うくらいです。

思い切って行動すればどうにでもなるんだなと感じました。

18:44 ニートで病む生活からの脱出体験談 はコメントを受け付けていません 皆の体験談