ニートが眠いのは体内時計がおかしくなるから

ニート 眠い
ニートになると眠いという症状がつきまとってきます。

普通のニートは現状からの脱出を考えているはずですが、気力が無かったり眠いという症状が邪魔をします。

そのせいでニートからの脱出はとても難しく、一度ニートを味わうと通常の社会生活を送るための心や体を取り戻すことはなかなか難しいものです。

つまりニートでいると心と体を徐々に蝕んでいるとも考えられます。

それでもニートをやめれないのには理由があるのです。

ニート生活のメカニズムについて

ニートの日々のメカニズムですが、普通の社会人と異なり生活スタイルが自由となっております。

そのため、生活スタイルが自由ということから起きている時間や寝ている時間はさまざまであります。

つまり自分の起きたいときに起き、眠りたいときに眠るといった生活スタイルのため、ある意味自由気ままではあるのですが、同時に眠いと思えばいつでも寝れる環境でもあるのです。

そのため、日々のメカニズムを自分の意思で変えられる反面、意志が弱いと常に眠いといった症状に陥ることもあります。

また起きている時間はある程度活動するのですが、眠いと思ったときにはいつでも寝るため、時間の感覚が通常の社会人とは異なってくることもよくあります。

ニートは体内時計がおかしくなる

ニート 眠い
ニートの方は現状の生活を継続することで通常の人とは異なる体内時間を持つことになるのです。

通常の人であれば、朝に目を覚まして活動を開始し夜に眠りにつくに対し、ニートは自分で時間を選ぶため起きたい時に起き、眠いときに寝るといった状態となるのです。

これは必ずしも正常とはいえませんが、縛られるものがないため自己管理がよほどうまくできていないと体内時計は狂ってしまうのです。

もちろんニートの方でも管理をきっちりとしている人も中にはいます。

しかし、そうでない方は通常の社会人とは異なる時間に活動したり眠いときに眠ったりしているのです。

ニートは縛られることがないため、少し活動するとすぐに眠いといった状態に陥りやすいのも事実です。

ニートを続けた結果どうなるか

ニートを続けた場合、毎日が休みと同じであるため、とてもダラけた状態になってしまうことが多いと思います。

起きたいときに起き、眠いときに寝る、このような状態が可能な環境であるため、ニートの方はこの楽な環境からの脱出がなかなか実現しづらい心と体になっているのです。

もちろん現状ではだめだということをニートは誰しも感じているはずです。

しかし、眠いとかダルいという気持ちなどから抜け出してニートから脱出する方法が中々無いのも現実なのです。

20:00 ニートが眠いのは体内時計がおかしくなるから はコメントを受け付けていません 未分類