ニートがアルバイト面接を受ける時の注意点について

ニート バイト 面接
ニートがアルバイト面接を受ける場合、いくつか注意しておかないといけない事があります。

普通の会社であれば、空白期間のあるニートを雇うのはどうしても敬遠されてしまうので、ちゃんとした事前準備が必要となるのです。

ニートが働く気になって、アルバイトの面接を受けるというのはすごく良い事ですので失敗は避けたい所です。

笑顔で元気良く受け答えをする事

ニート生活をしていると人と話す機会が減ってしまうので、笑顔や元気良く話す大切さというのを忘れてしまいがちです。

大抵の人は元気の無い人よりも元気があって笑顔が良い人を採用したくなる物です。

ですので、面接を受ける前に鏡などを見て笑顔で話す練習をしてみましょう。

自分の武器を伝える事

ニート バイト 面接
アルバイトの面接といっても何人も受ければ当然採用されない人が出てきます。

ましてや空白期間のあるニートとなれば、学生や他の主婦の様な方よりも不利といわざるを得ないでしょう。

そうなると当然、採用側にとってもニートを雇うメリットが必要となってくるのです。

なのでアルバイトの業種に活かせる様な特技を持っていれば採用される確率は結構上がる事でしょう。

また直接的には活かせないにしても、パソコンが得意だとか、運動をしているので体力には自信があるとか、なんでも良いので自分の良い部分を面接で伝える様にしましょう。

わずかの差でアルバイトの面接は受かるか落ちるかが決まってしまう事もあるので、自分のメリットを伝える事はとても重要となります。

ニートがアルバイト面接に行く時の服装

アルバイトの面接の場合、よっぽどの所で無い限りは私服で良いでしょう。

しかしジャージや毛玉だらけの服装は論外となりますので、なるべく清潔感のある服装を選ぶ様にしましょう。

人は第一印象がほとんどを占めるので、たかが服装と侮ってはいけません。

ニートがアルバイト面接の空白期間を質問されたら

ニート バイト 面接
ニートにとって空白期間の質問はかなり痛い所ですが、ちゃんとした理由がある人は素直に答える様にしましょう。

もしただ働きたくなかったからとか、引き篭もりだったといったマイナスの理由だった場合は一工夫する必要があるでしょう。

面接官は問題がありそうな人を雇うのはどうしても躊躇してしまうので、なるべくそれっぽい理由に聞こえる様に伝える必要があります。

しかしどうしてもマイナスな理由となってしまう場合は、推奨はしませんが素直に伝えても良いかもしれません。

アルバイトはいくつか受けていればその内どこかは採用される

アルバイトはタイミングや運、縁といった要素も絡んでくるので、数回落ちた所でショックを受ける必要はありません。

とにかく諦めずに決まるまで面接を受ける事が重要となるので、頑張って面接を受けていきましょう。

ニート経験者達にバイト面接はどうやったら上手くいくか聞いてみた

ニートにはどうしても空白期間があるので、普通の面接に比べて難易度が上がってしまいます。

そこで、ニート経験者の方々はどうやって面接を乗り切ったのか聞いてみました。

何かをしていた事にして空白期間を乗り切る

ニートがバイトの面接に行く場合は、空白期間について正直に答えても良い印象はないと思うので、そこを工夫する必要があると思います。

お店によっては正直にニートをしていたけど働きたいといえば誠意をくんでくれるかもしれません。

だけどニートに対して偏見を持っている人が面接の場合は、例えば資格の勉強をしていたなど仕事ではないけれど何かの目標をもって暮らしていたことを言えばいいと思います。

嘘ではだめですが、バイトの面接にいくほどの気力があるならば、その前に何か勉強をしたり、創作活動をするなどができると思うので、それを空白期間の間していたといえば印象は違うと思います。

やる気や熱意をアピール

私自身も過去にニートだった経験があって、そこからアルバイトを経て最終的に就職することができました。

私が面接を受けるにあたって重視していたのはとにかくやる気をアピールすることで、自分の人柄や人間性を全面に出すようにしました。

ニートだとどうしてもそれが最大の弱点になってしまい、経歴で相手に悪い印象を持たれてしまいます。

なので自分が本気でニートを抜け出そうとしている姿勢を示し、仕事に対してこれだけやる気や熱意があるとアピールすることを常に心掛けました。

そうしたら上手くいって採用してもらうことができたので、ニートがバイトの面接を受ける時はやる気や熱意をアピールして、相手にこの人を採用したらプラスになると思わせることが大切だと思います。

正直に話してやる気を伝えると良い

ニートでバイトくらいしたいという方は、バイトの面接となれば、とにかく自分の置かれている状況を正直に面接で伝えるべきだと思います。

正直に伝えて雇ってくれるならば、ある程度の融通も効くだろうし、理解があるという事は色々な面で配慮をしてくれるという事です。

これが正直に伝えて不採用ならば、それは仕方のないことです。

そして、どうしても働きたいのならば、「やる気」を熱心に伝えることができれば、面接官のハートはあなたを、積極的に採用すると思います。

面接はウソをつかず正直に答える

私は、面接では聞かれた質問に対して正直に答えるのがいいと思います。

嘘をついて採用されても、働いているうちにバレるからです。

ニートになったのには原因があります。

原因となった辛い経験も、傷ついた人の気持ちが分かるなど仕事に役立つかも知れませんし、正直であることを評価する企業もあると思います。

正直に話して不採用になったとしたら、ニートの人に原因があるのではなく、その企業に原因があるのかも知れません。

私も病歴を話すと不採用になりますが、稀に正直に話したことを評価し、発病した時にきちんと対処するからと言って採用して下さる企業もあります。

シフトを自由にして良いとアピールする

無駄に自分をよく見せようと取り繕ったりしないことでしょう。

ニートなのですから、何も経験などなく、社会常識もありませんと言ってしまいましょう。

でも働きたい、社会復帰したいと伝えることです。

下手に取り繕って騙すことができた場合、何もできないくせに何かできる奴だと思われて相手の自分に対する最初の期待値が無駄に上がってしまいます。

しかし最初からダメな奴だと思われていれば仕事が上手くできなくても「まあこんなもんだよね」と思われるだけです。

あとはニートであることを活かして、いつでも自由にシフトに入れるとアピールしましょう。

ニートが面接時にできる唯一の、そして強力なアピールです。

清潔にして礼儀正しくにこやかに面接する

面接というのはある程度は相手に好感を持たせる必要があります。

というか、面接に限ったことではありませんが、相手に好感を持たせるような人間はモテます。

異性にも友人にも上司や同僚にも外国人にもです。

いわゆる人間にモテるということです。

清潔感があって、礼儀正しくてにこやかで穏やかで、優しい、面白い人を嫌う人間は少ないです。

最低限でいうと、見た目の清潔感は必須です。

これは人としてのマナーです。

犬や豚ではないんですから男も女も清潔感、匂いや、見た目には気を使うこと。

当たり前ですね。

ニート期間に何かをしていた事を話す

ニートがバイトの面接をうまく乗り切るには、何度も何度も練習し自分はここが強い、ニートの間何をしていたのか聞かれたとしても恥じることなく自分の世界観やこんなことをしてこうなった、こういうことが知れたなどポジティブなことや逆にこんなことをしたらこうなったなど失敗したことも赤裸々に話す。

成功したことと失敗してしまったことを生かせるということを公表してしまえばいいと思う。

何もしていませんなど恥じていたら、ニート期間中に何も役に立つ事ができなかったと受け止められてしまう。

プライドを捨てて正直に話す

バイトならとにかく清潔な格好で挑めばいいと思います。

職歴が無ければ正直に仕事をしていなかったことを伝える方が面接官には好印象です。

仕事を選ばなければバイトなら溢れています。

そのために必要なのはプライドを捨てる事です。

どうしても高学歴ニートの人は仕事を見下している傾向があります。

どんな仕事でも需要があり、必要だからこそ求人募集があります。

面接官にはとにかく意気込みと熱意を伝えることが大切だと思います。

ニートだから出来た事を話す

ニートはまずバイトから始めることが良いと思います。

でもそのバイトの面接では、ニートだから何もやっていないという話をするのではなく、ニートだからこそ出来たことを話すと良いと思います。

例えば好きな趣味に没頭できたこと、そしてその趣味が高じて色んな知識を高めることが出来たことなど、ニートで時間があったからこそ出来た良い点について話をすると良いと思います。

そしてその趣味から得た知識をバイトでも活かすことが出来るとアピールすると良いと思います。

大人ならバイトでもスーツで望む

バイトの面接はまずは履歴書を用意して、丁寧に書くことと声を少し高くして話すこと、無職の間何をしていたか自信を持って話すこと、きちんとスーツを着て写真を撮ることだと思います。

何歳の人かにもよると思いますが、職歴がまったくない状態で受ける場合、大人でしたらアルバイトでもスーツで印象をよくした方がいいと思います。

あとは人と接することに慣れていなければ人に慣れようと接客系の仕事を選ぶのは避けるといいと思います。

憧れや苦手克服の気持ちでアルバイトを決めず、自分の得意なことできることに絞って職種を絞れば受かると思います。

22:18 ニートがアルバイト面接を受ける時の注意点について はコメントを受け付けていません 未分類