ニートがクズな理由と脱出のための身近な解決策とは

ニート クズ
ニートはクズという見方が社会の意見だと思います。

しかし一体どこがどの様にクズなのか考えていきましょう。

一つの要素として親に生活のお金を頼っているのに、あれこれと意見を付けるところが、どうしてもクズっぽいイメージに見えてしまいます。

親子関係だからという甘えはあって当然のことですが、やはり何か買い与えられたときに、一々気に入らないと親に文句を言うことはクズの見本みたいなものです。

親に対して意見してもいいですが、与えられた食事、生活用品などは基本的にはありがたく受け取るべきでしょう。

親の世話になっているのに家事をしない

ニートがクズな最たる理由のひとつには、いつも世話になっているのに家事を手伝うといった恩返しを何もしないことにあります。

親に世話になりっぱなしでいつ親に対して感謝の気持ちを表すのでしょうか。

庭、部屋、お風呂、トイレの掃除をしたりと最低限の家事の手伝いくらいはすべきです。

それでニートだけど住んでいても良いと思われる存在になれます。

言い訳していつまでも親に頼っていていいと考えている

ニート クズ
ニートはニートから脱出することを頻繁に口にはしていますが、いつまでたっても脱出ができないのは何故でしょうか。

親に頼っているのが楽なので、どっぷりと浸ってしまっている、それがニートのクズな理由の決定版です。

口先だけ仕事すると言っておけば親を黙らせることができるので、それで味をしめてしまっているところがあります。

やはり何か仕事をすると言ったからには、ちょっとバイトをするとか少しづつでも働く努力を見せていくべきでしょう。

失敗を怖がってニート脱出できない極端な臆病

人は誰でも一寸先の闇は怖いものですが、それでも生きるために歩き出していくものです。

ニートの場合には極端な臆病といえるクズな状態になっていますが、たしかに過去の精神的なダメージが影響していて同情すべきところもあります。

しかしチャレンジを忘れてしまっているのがニートのクズなところです。

人は誰でも失敗するのが当たり前なのに失敗のひとつすらも怖がってしまっています。

仕事をひとまず少しづつ初めていくならリスクは少ないはずです。

失敗して当然のことだし、人はチャレンジした上での失敗はある程度は理解してくれることです。

ニート脱出のために仕事や就職準備のためのチャレンジをしていくべきでしょう。

ニートはクズじゃないという人達に理由を聞いてみた

ニートだからクズという事は無い

ニート クズ
私はニートをクズだとは思いません。

「ニートは何の役にも立っていないからクズ」と言う声を耳にしたことがありますが、では働いている人がどれほど世間の役に立っているというのでしょうか。

そんなものは労働者が「自分はニートとは違って偉いんだ」と思いたいから言っているだけに過ぎないと思います。

ニートだって食料品や、自分にとって必要なものを購入することもあるでしょう。

それだけで消費者として社会経済に微力ながら貢献しているではないですか。

ニートだからクズなのではなく、ニートの中にも労働者の中にもクズはいるし、クズじゃない人もいる。

クズは「ニートだから」という限定されたものではありません。

ニートが働いていないから働ける人がいる

ニート クズ
やばいとは思いますが、クズだとは思いません。

実際ニートがいるおかげで、その恩恵を得ている人達もいると思います。

例えば、単純作業労働などをしているような誰でもできるようなことを仕事として生計を立てている人たちは、ニートが一斉に働き出すと仕事が減り、給料も下がると思います。

また、不本意ながらニートをしている人たちも少なからずいると思います。

例えば、精神的に追い詰められて、新しいことにチャレンジできないような状態の人など、事情ありの人もいると思います。

他人に迷惑をかけなければクズじゃない

ニート クズ
人間のクズって、社会的地位や立場に関係なく一定の割合で存在すると思います。

なので、ニートだからと言ってそのすべてがクズだとは限りません。

そして人は生き方が違うので、ビジネスで成功したい人間もいれば肩ひじ張らずにバカンス的に生きたい方だっているはずです。

例えニートであっても、他人に迷惑をかけなく自己責任で生きているのであれば、他人がその領域に介入すべきことではないと思いますね。

同級生にニートに近い生活をしていた方が数人いますが、特にクズだと思ったことは一度もありませんでした。

クズではないが困るのは自分

クズではないとは思います。

ただ、ニートを脱しないと先々で困るのは自分、という方々は多いかもしれません。

親が無くなって自分ひとりで生きなければいけなくなったなど。

ニートにも色々あると思っていて、働く必要がない人もカウントしてるとしたら、一概にはクズ呼ばわりは出来ない気がします。

事情がそれぞれあるといいますか。

だからといって親に散々わがまま放題、いい年して自分では何1つ出来ないような人間はどうかと思いますが。

ニートイコールクズではない

ニートというだけでクズではないでしょう。

何をもってクズとするかではありますが、他人に一定の基準以上の不快感を継続して与える人物をクズとするならばニートに限らずクズは少なからず存在します。

自身で働いて得た蓄えで、誰にも迷惑をかけずに生活しているニートもいるわけですので、ニートイコールクズにはなり得ません。

短期的に人生を切り取ってみた時に、何も生み出していない期間があったとしても、人生をトータルで見た時にはどうか分かりませんし。

ニートはクズだという人達に意見を理由を聞いてみた

働けるのに働かないニートはクズ

ニート クズ
様々な事情があって働けない人もいると思うので、一概にクズだとは思いません。

しかし働ける状態で若い年齢なのにただ怠けている人はクズです。

また、人と関わるのが苦手といった理由で働かない人、働ける状態なのにそれに負い目を感じず人のお金で生活をしている人は、クズと表現するに値すると思います。

働けない理由が特にないのであれば、正社員・派遣・アルバイトなど雇用形態は問わず、最低限自分が一人生活するのにかかる金額くらい稼ぐのが大人としての義務だと思います。

親に迷惑をかけているのでクズ

ニート クズ
よっぽどの理由が無い限り、親に迷惑をかけているニートはクズだと思います。

働くのが嫌とか怖いという気持ちは分かりますが、色々働いていけばニートでも続く仕事はあるはずです。

これ以上、親に迷惑をかけないためにもニート達には早く社会復帰して欲しいです。

生産的にはクズ

生産性という観点から見るならば、確実にクズです。

社会の生産になんら寄与していない、という点では何の弁解もありません。

しかし、単純にその時点ではの話だと思います。

どういうことかというと、世の中には仕事に疲れてニートになった方も沢山いらっしゃると思います。

そういう人はその時点では生産をしていませんが、その休養に費やした時間が、未来の生産活動を行うにあたっての活力を養ってくれるのです。

ニートがクズだと思う方は、思っていても口にしない方が賢明だと思います。

自分の欲望のためだけなら良くない

ニートはクズかどうか、それはニート本人がどんな気持ちで、どんな理由からニート生活を送っているかによると思います。

例えば親や家族がとても裕福で、働かなくても充分楽しく暮らしていけるような環境で、何も疑問に思わずただその環境を謳歌しているだけ、自分の欲望のためだけに生きている人がいるとしたら、それはあまり良いことではないと私は思います。

そのお金と余裕があれば、ぜひもっと社会に出て、助けが必要な人たちのためにも使ってほしいなと思います。

ニートはクズなので絶対にやめるべき

ニートの私が実感していたのは本当に自分はクズでどうしようもない人間だということです。

家族の中でも自分の役割というものが全くないので、家族の中でどうしても一番下の人間となってしまいます。

友達や親戚と顔を合わせても全く自信がなく、劣等感だらけでまともに話すことさえできません。

こんな生き方をしていれば、人間のクズとして生きなければならないので、絶対にやめるべきです。

やはり社会とある程度関わりを持って生きることは、健全な人間として生きるために必要なことですよね。

どちらとも言えないという人々

目標があるニートはクズではないが無為に過ごしている人はクズ

クズであるかどうかは、その人が何を考えてニートになったかによると思います。

ニートであっても、それは一時的なもので、何か手に職をつけたいという明確な目標を持って毎日それに向かって頑張って行動しているのであれば、その人はクズではなく応援してあげるべき人間だと思います。

しかし、毎日引きこもってゲームをしたり、ネットサーフィンをしたり、漫画や本を読むだけの無為な生活を続けているニートは、社会に寄与しない存在であり、クズであると言われても仕方がないと思います。

一概にクズとは言えないが何もしないニートはクズ

クズとまでは思いません。

人によってはその期間が必要でその期間にたくさんのことを学ぶ人もいると思うので一概にクズとは言えません。

ニートでリタイアした両親の世話になっているにも関わらず、家事を手伝うわけでもなく、部屋にこもり、ゲームばかり、仕事を探したり、将来について一切考えていない、人ともコミュニケーションをとろうとしないというニートはクズだと思います。

正直家族にとっても社会にとってもクズにしかなりません。

努力しているニートはクズじゃない

ニ-トの種類にもいくつかあって、前向きなニ-トと後ろ向きなニ-トに分かれます。

前向きなニ-トというのは、人生の目標がしっかりあって、それを実現するために、「今だけは立ち止まって努力する、人にどう思われても仕方ない」という形です。

この場合はクズではないです。

今サナギの時代だということで、特に問題なしです。

後者の方はクズです。

ただイタズラに時間が経って、本人も歳はとるし親も歳をとるのサイクルにハマると、ニ-トから引きこもりへのヤバイ転身が大きな口を開けと待っているのです。

この生き方はクズといえるでしょう。

ニートを全てクズというのは無知

ニートはクズかどうかとは一概には言えません。

確かに遊び惚けてチンピラのようにまわりを威圧したり暴力をふるうというニュースを聞くとクズだと思います。

しかし、そのような人ばかりがニートではありません。

さまざまな事情で仕事ができずに悩みつつニートをしている人も居ると思います。

そもそも、ニートは仕事・学業をする気がない人という意味なので、無職とはまた違うのですが、その境界はとてもあやふやです。

そこをあわせて考えてみると、不況が続き少子高齢化で若者にしわ寄せがきている現代でニートをすべてクズというのは乱暴であり無知だと思います。

全てがクズではないがクズもいる

ニートである全ての人間がクズだとは思いません。

クズなニートは、元農水省事務次官の長男の熊沢英一郎です。

彼の存在で、英一郎氏の姉の結婚が台無しになっています。

彼女はそれで将来を悲観して命を絶っています。

英一郎氏は、姉の人生どころか、父親と母親の老後までにも暗い影を落としました。

もちろん、亡くなって当然だとは思いません。

英一郎氏が学生だった頃に、成績が悪いとオモチャを破壊されたという点においては同情します。

ですが、生活を親に負担させておいて、人生が狂ったと暴れるのはクズなニートだと思います。

一概にクズとはいえない

クズである人もいればそうでない人もいるのでニートがすべてクズだとは思いません。

人が良すぎてクズの第3者から手柄を横取りされたり、責任を押し付けられてニートになる人もいますので、人が良すぎて社会に出た際、周囲に負けてしまいニートになることもあります。

なので一概にニートはクズであると言えないです。

ただ、ニート自体にもクズの人はいて、仕事をしないのにも拘らず金を借りに来るというような人物像であれば間違いなくクズです。

ニートだからクズという訳ではない

ニートがクズと言われるのは、世間体が大きく影響しているなと思われます。

何も、他人に迷惑になるようなことや犯罪を犯していないのに、肩書だけでクズ扱いされるのは納得が行きません。

むしろ、きちんと肩書を持っていても悪さする人だって一杯いるでしょうに。

本来クズとは、人格が卑しい人や品性や風格のない人を示すものです。

それは意味をはき違えていますね。

日本の常識や世間体は世界の非常識と言われる所以はこんな場面にあるかもしれません。

例え肩書がニートであっても、人格的や品性的にも悪くない方も沢山います。

ですのて、ニート=クズだとは思いません。

その人自身がクズかどうか

ニートは、場合によりますがクズだとは思いません。

理由は、ニートになった理由と意味によって左右されるからです。

ただ、もしニートであることを誇らしげに語ったり一生懸命に働いている人を「奴隷」のような言葉で罵るニートは、オブラートに包んでクズニートと言わざるを得ません。

なので、ニートだからクズなのではなく、クズな人がニートになった場合、その人自身がクズなのではないかと私は思います。

20:00 ニートがクズな理由と脱出のための身近な解決策とは はコメントを受け付けていません 未分類