バイト面接が怖いニートは開き直るか面接のない仕事をしよう

ニート 面接 怖い
面接が怖いのはニートだけでなく、誰でも一緒だから開き直る事が大切です。

実際のところ仕事の面接では、落ちたらどうしようという不安が誰でも頭によぎってしまうものです。

世界でニートだけが面接を怖いと考えていると思ったら大間違いです。

いろんな物事でも同じですが、前に進んでいくためには勇気がいるのと同時に開き直りが重要です。

別に怖い面接官の人からニートなことをどう思われたって、質問されたって別にいいやと思ってみてください。

ニートは確かに合格率は低くなってしまいますが、採用される仕事は山ほどあるので探してみましょう。

ニートが面接を回避してバイトするなら派遣会社

長い期間ニートをしていると、ニート脱出して新たな仕事を始めることが怖いと思いますが、最初の面接の段階でつまづくことがあります。

それは、人とまともに対面して話をするのは普通のことなのに、ニート期間が長くなりすぎて接し方がわからなくなってしまうからです。

当然面接を受けても落ちることが想定されますが、落ちないことを優先するなら派遣会社に登録することです。

派遣は登録する時に話しをする場がありますが、面接といった感じでは無いので、面接がない仕事を希望しているのなら派遣はオススメです。

派遣は1人で各地の仕事を点々と移動して働く事も出来るので、一か所では落ち着かない人にとっては望むところでしょう。

ニートは履歴書を誤魔化さずに書く

ニート歴が長くなると、年齢を重ねているのにも関わらず職歴欄の余白が多いことが気になると思います。

余白からニートや無職をやっていた事が面接官にバレますし、面接では職歴が無いと必ずといっていいほど指摘されてしまう事でしょう。

しかし嘘を書かず開き直りが大切で、正直に自分はニートですと話した方が、好感を持って見られることもあります。

面接官をしている人も、ニートになったり挫折した経験がないとは言えませんし、ニートに一定の理解を持っていることもあります。

そして何より、経歴を詐称して後でバレた時が大変なので絶対にやめましょう。

怖い面接を乗り切ってこそニート脱出に近づく

ニート 面接 怖い
仕事の面接にかぎらず、人と対面する場面というのは人間社会では常に訪れるものです。

コンビニの会計、ネット通販の受取、レストランでの注文、街を歩いて正面から来る人など都市で人間のいない場所はほとんどないです。

そうしたことを意識してみると会社での就職面接というのも、日常の人との対面の一コマと考えることもできます。

面接を特別視しないで、よくある日常の一部として開き直りをすれば、ニートの面接も大したことは無いと考えられます。

本気でニート脱出するためにも、怖がることをやめて堂々と歩いてみましょう。

しかしどうしても怖いから面接がない仕事が良いという人は派遣から仕事を始めてみると良いでしょう。

20:00 バイト面接が怖いニートは開き直るか面接のない仕事をしよう はコメントを受け付けていません 未分類