引きこもりの無職ニートでも友達を作れる方法とは

ニート 友達

ニートでも友達が欲しいという人は多いですが、現実問題としてどうやって友人を作ればいいのかわからないというニートの方も多いです。

働くことについて疑問を感じている人が多い世の中で、働かなくても生活できるのなら無理に働かなくてもいいという風潮がまかり通っています。

しかし人はいつまでも一人で生きていけるというわけでもなく、やはり友達がいたほうがニート生活も楽しくなります。

一人よりも二人の方が色々とできることも多く、一人ではできないことや解決できない悩みも解決することが出来るのです。

友達が出来れば前向きな性格になり、ニート脱出の足がかりになる可能性もあります。

どんな友達を作るのか

ニート脱出の糸口となるための友達作りですが、やはり共感できる趣味や話題に興味を持っている友達を作ることが大切です。

腹を割って話せる親友が一人いることで、人生がより充実したものになります。

相手の良いところや悪いところも、全部ひっくるめて受け入れてくれる友達を作ることが大切です。

また頻繁に連絡できる方が、色々と相談もしやすくなり、ニート特有の悩みにも共感してくれる友達を作ることが重要です。

同じニート仲間の方がより共感度も高くなりますが、必ずしも同じ境遇でなければいけないというわけでもなく、違った価値観の人も貴重な親友となります。

どうやったら引きこもりでも友達を作れるのか

ニート 友達

家から一歩も出ずに引きこもっていると、家族以外との人付き合いも無くなり、結果的に友達を作る機会というものも自然と少なくなっていきます。

しかし、何も積極的に外に出たからと言ってすぐにニートに友達が出来るというわけでもありません。

ニートが友達を作る方法としては、身近な方法や普段日常的に使っているものにヒントがあります。

無職やニートの暇つぶし必須ツールでもあるパソコンとインターネット、それだけさえあれば友人を見つけることは簡単です。

ネットゲームで気の合ったプレイヤーとフレンド登録したり、SNSで趣味の合う人とOFF会をするなど、方法はいくらでもあります。

ネットで生放送を行う

ニート 友達
インターネットの世界にはライブ配信という物があります。

これは、家にいながら世界中の人に向けて生放送を行えるというものです。

それを活用すれば自宅にいながらニートでも友達を作る事が可能です。

ネット通話サービスを活用する

ニート 友達
無料で通話が出来るサービスがいくつか存在するので、それを上手く活用すれば話し相手ぐらいなら見つける事が可能です。

また、話している内に仲良くなっていけば友達になる事も可能です。

チャットサービスを利用する

ニート 友達
今は色々なコミュニケーションサービスが増えているので、昔ほど盛んでは無いと思いますが、お互いにコメントを打ち合って会話をするチャットサービスが存在します。

そこで徐々に仲良くなって打ち解けていけばニートでも友達になれるかもしれません。

ニートオフ会を開催してみる

ニート 友達
同じニートであれば気楽に話せると思うので友達になりやすいです。

なので、ネットでオフ会参加を募りオフ会を開いてみましょう。

場所は市民体育館などどこでも良いですが、なるべくお金の掛からない所が良いでしょう。

とりあえず会って適当に遊べる様な場所が良いと思います。

運動しても良いですし、携帯ゲーム機で遊んでもいいでしょう。

そもそも友達は必要か

ニート 友達
友達がいるとたしかに遊べますし、色々な悩みを話し合えたりします。

しかし、友達がいる事の弊害も多いです。

例えば自分がニートで相手もニートだった場合、相手が先に働きだしたら間違いなく劣等感を感じるはずです。

その時点でよっぽど出来た人間で無い限りまともな友人関係というのはありえないのです。

また、友達が自分より優れていた場合も同様です。

それに友達が出来ると遊ぶためにお金が掛かってしまいます。

強引な友達だと無理やり遊びに連れていかれて、こっちの都合など無視した行動をするので振り回されてしまいます。

なので適度な頻度で遊んでくれて、比較的常識的な友人でないなら友達はいない方が良いかもしれません。

友達が出来ればニート脱却できるのか

ニート 友達
ネットを通じて知り合った人たちと友達になることは簡単ですが、それによって本当にニート脱出できるかというと、それはニート本人次第です。

どんなに良い友達が出来てニート脱却できる環境が整ったからと言っても、最終的には本人が実際に無職生活からの脱却に動かなければ、何事も始まらないのです。

友達というものはそういった決意を固めるためのきっかけに過ぎないのですが、本当の親友ならばそういった本気の姿勢を応援し、サポートしてくれることでしょう。

そして、無事に無職から脱出できたなら、次はあなたが親友を支える番です。

一人よりも二人というのは、そういうことなのです。

ニート経験者達に友達が欲しかったか聞いてみた

そもそもニートは友達が欲しいものなのか経験者の方々に聞いてみました。

友達は必要ない

ニートの時はできるだけ一人になりたくて友達は必要ありません。

外部からの情報は一切シャットアウトしたい、といった感情が芽生えてしまうからです。

むしろ外部の情報を知るのが怖いのかもしれません。

どこかで自分がニートであるが為に、世間から置いてかれているという事実を改めて実感してしまうのを無意識に避けていたのだと思います。

やはりどこか心の片隅には、「ニート」という響きが残っていて、そこを受け入れたくはない自分がいるのだと思います。

別に欲しいとは思わなかった

私はニート生活時代に、友達と遊びに行くことはほとんどしませんでした。

たまに外で見かけても避けるようにしていたから、だんだんと疎遠になっていきました。

ですからニートを辞めてからは友達との交流は積極的にしています。

誘われたら断ることもなく遊びに行っています。

ニートの時は娯楽施設に行くと友達ではないですが、よく話相手がいたので欲しいとは思いませんでした。

娯楽施設に行って勝った負けたと話しているのが楽でしたから。

人と会うのがストレスなので欲しくない

ニート時代に会っていた友達は、最初は数人いましたがだんだんと疎遠になりました。

お金がないので何かを買ったり、遠くへ出かけるということは全くしませんでした。

ニート時代は人と会うのもストレスに感じていたので、他に友人が欲しいと思ったことはありませんでした。

20:00 引きこもりの無職ニートでも友達を作れる方法とは はコメントを受け付けていません 未分類