ドラッグストアのアルバイトはきついのか経験者に聞いてみた

ドラッグストア アルバイト きつい
ドラッグストアのアルバイトはきついのか、これから働こうとしている人には気になる所だと思います。

そこで実際にアルバイト経験のある方々に実情を聞いてみました。

ドラッグストアで働く前に知識として覚えておくと良いかもしれませんね。

ドラッグストアのアルバイト経験者の30代前半男性に聞いてみた

ドラッグストア アルバイト きつい

接客・薬のおすすめ・商品陳列が仕事

ドラッグストアのアルバイトですが、薬剤師の免許を持っている方の場合は薬の販売の仕事をします。

特にきつい仕事はありませんがあえてきつい仕事があるとすれば、接客として男性女性関らずレジ打ちなどの業務があったり、薬をおすすめする仕事などがありますので、ある程度コミュニケーション能力が必要です。

他には商品棚に商品を陳列する仕事などもあります。

商品の陳列については商品の陳列のみをアルバイトとして行なうドラッグストアもあれば、薬剤師の免許を持ち接客をしているアルバイトの方でも、商品の陳列の仕事を別枠で行なうドラッグストアなどもあります。

なので会社によってアルバイトに与えられる仕事は異なります。

また、冷凍食品などを扱ってる会社の場合は、そういった商品の陳列もアルバイトの仕事として行います。

薬剤師の免許があればアルバイトから正社員も可能

薬剤師を目指そうとしている方がいるのであれば、薬の知識を得ることが出来ますので勉強にもなります。

ドラッグストアによっては薬剤師の免許事態がフル活用される職場もあり、薬の調合を行なうドラッグストアもありますので、免許を持っていると優遇されてアルバイトからでも正社員になれたりもします。

ただし、免許を持っていることが前程ですので、免許が無い場合についてはアルバイトから正社員になることは難しいです。

勉学とお給料という収入を得ることが出来ますので、薬学の仕事に就きたい際、社会見学としてもってこいの職場です。

薬を勧めて効果があったら感謝される

ドラッグストアのアルバイトのやりがいですが、お客様に薬を勧めてその薬がお客様にとって有効な薬の場合、感謝されることが多いです。

人から感謝される仕事ですので、薬剤師の免許を持ち薬の知識があるのであれば、社会貢献をしていることにも繋がります。

他には薬以外でも感謝をされることも多いです。

例えばひざのサポーターだとか、そういった日常生活をサポートする製品の知識があれば、商品を進めてお客様から感謝されることもあります。

勧めた薬の効果がなかった時の苦情がきつい

ドラッグストアのアルバイトできついと感じることは、お客様からの苦情がダイレクトにくる事です。

薬が効かなかったことやシップの効果が無かったなど、ダイレクトに苦情が来ます。

特に自分がおすすめした商品がまったく効果が表れなかった際、特に苦情を言われますのでお客様から出た苦情に耐えれるかどうかもこの仕事をする上でとても重要なことになります。

苦情に耐え、再度お客様に商品を勧めることができるか、仕事を辞めてしまうかのどちらかになりがちです。

苦情に対応できるメンタルがある人にオススメ

お客様からの苦情などで精神的に参ってしまい、きついと感じることが多い職場です。

なのでメンタル面に非常に秀でている人であれば、苦情を受けた際に解決策を模索することもできるでしょう。

ですが、メンタル面が弱い方ですとそこまで苦情を言われてまで仕事をしたいと考えないですし、アルバイトですから立場も弱く辞めてしまいがちです。

メンタルが強く少々のことでもへこたれず、お客さんとのトラブルを解決するために努力できる人物であればおすすめのアルバイトです。

アルバイトでも気を抜かない事

きついかどうかは個人の能力によっても違いがありますが、お客様に満足をしてもらえるかどうかに掛かっていますので、アルバイトであっても気を抜かず仕事をすることが重要です。

特に薬剤師の免許を持っている場合、免許を持っているわけですからその分、責任は重くなります。

責任を十分に果たせとは言いませんが、できるだけお客様の要望に答えるように努力をすることが重要なお仕事です。

また裏方の仕事であっても同様に商品の陳列の際、商品の場所などを聞かれることもありますので、応対をきちんとできるようにすることが重要です。

ドラッグストアのアルバイト経験者の30代後半女性に聞いてみた

ドラッグストア アルバイト きつい

商品の補充・清掃・レジ・清算が仕事

ドラッグストアで日常的に発生する商品の補充や掃除、レジうち、慣れてくれば売り上げの精算などの作業もします。

アルバイトでも薬剤師あるいは登録販売者の免許を持っている場合は、お客さんの相談にのって薬を売ることもあります。

棚の入れ替えをして売り場を作る作業は本部から棚のならびの指示がきて、最低でも季節ごとに発生します。

時間がタイトできつい場合が多く、同時に掃除もしながら作業するので結構バタバタします。

基本的にずっと立ちっぱなしで座ることはないので脚は痛くなるしむくみます。

会社によっては従業員優待制度があって、割引価格で商品を購入することが出来る場合があります。

また、化粧品の販売もあるので、身なりがきちんとしていることが求められます。

社員割引や試供品を貰える

自分の提案した商品をお客さんが買ってくれて、それ以降に固定客になってくれた時が嬉しかったです。

売るのが上手な人は社内の販売コンテストなどで報償金を得られることもあります。

時給はスーパーマーケット等より高い場合が多いので収入も上がり安いですし、社員割引で化粧品や御菓子なども購入できるので家計が助かります。

化粧品の新製品もチェックできるし、運が良ければ試供品を分けて貰えることもあります。

販売目標を達成できると嬉しいです。

お客様のためになるとやりがいを感じる

お医者さんではないけどお客さんの相談にのって、薬を選ぶってやりがいがあって、それでお客さんの生活が楽になったよとかって言われるのが遣り甲斐です。

もちろん、お金が他より沢山入ってくるので欲しいものも買えるし化粧品などは安く手にいれることができます。

学生のうちに登録販売者の免許をとってドラッグストアのアルバイトをしていると、卒業時に即戦力になるから正社員で入らないかって声がかかることもあるので、就職活動の一環としてバイトするのもありです。

立ちっ放しやレジ等のトラブルがきつい

ずっと立ちっぱなしで脚がむくんだり痛くなったりすること、販売コンテストで自分が上手く売れないと結構プレッシャーがかかってくること。

また、大きな会社が多いので従業員規則とかは厳しめのところが多く、髪を染めているとダメと言われることがきついです。

万引きはお客さんもあるけど従業員によることもあるし、レジ金の抜き取りとかもあるので、何かあると自分が疑われることもあるし帰れない場合もあります。

また、レジ金の相違や万引きで始末書を書くことがあります。

お客さんの求めている物を販売できる人にオススメ

相手のニーズを捕まえて商品を販売出来る人にむいています。

コミュニケーションと言っても自分の欲しいものを手にいれたり、我を通すこととは別の技術です。

初めての人と話すことに抵抗のある人にはきつい仕事です。

店舗ごとに販売ノルマがある場合もあり、アルバイトと言えども社員さんと一緒になって売っていかねばなりません。

他の商品を買おうとしているお客さんでも、上手にクロージングして相手のニーズを充たす形でこちらの売らないといけないものを買って貰わねばなりません。

登録販売者の管理者になりたい人にオススメ

登録販売者の管理者になりたい人は副業でも短時間でもやると良いと思います。

管理者を出来るようになれば年収400万くらいの正社員の求人もあります。

ドラッグストアにおいては、薬剤師でも登録販売者でも売れる薬の種類に大きな違いはないので、変に難しいことを言わずにバンバン売って売り上げに貢献する人は会社に大事にしてもらえます。

立ちっぱなしできついのでそれに耐えられる程度の体力は必要ですが基本的に難しいことはありません。

18:58 ドラッグストアのアルバイトはきついのか経験者に聞いてみた はコメントを受け付けていません 皆の仕事体験談