ニートの末路はとても厳しい現実が待っている

ニート 末路
日本では15歳から34歳までのうち働いたり学校に通っていない方の中で家事従事者以外の求職活動をしていない方をニートと呼んでいます。

34歳までの比較的若い年齢の方を呼び、一旦ニートになってしまうとその状態から抜け出すのはとても難しいのが現実で、その末路がどうなっていくのかと不安に思う方はとても多いです。

そして現実に若いうちにニートになりそのままズルズルと何もせずに歳だけをとり、40代50代となっていってしまった方も多くいます。

「ニートの末路はとても厳しい現実が待っている」の続きを読む…

ニート生活をしている若者が増えている原因

ニート 生活
ニート生活を送るようになってしまう原因としては、就職難という問題が大きいです。

就職活動をしても中々受からず、最終的にニートになってしまうということが全国的に増えてます。

抜け出すためには、自分自身が就職に対する意識を変える事が大切で、そうしなければ同じことを繰り返す可能性が出てきます。

なかなか気持ちが弱くてニートから抜け出せない方は、意思が弱いといえるでしょう。

社会に出ると親が手助けをしてくれたり、誰かしら手を差し伸べてくれるという甘えは無くした方がいいです。

社会に出ると言うことは、自分自身の責任において行動をしなくてはならないので、自分の心を根本的に変えないと、就職をすることはいつまでも出来ないです。

若い時にニート経験しておく事は、長い人生において良い面もあるかもしれませんが、あまりにも長い期間ニートですと就職先が見つからないという状況になりかねないです。

「ニート生活をしている若者が増えている原因」の続きを読む…

ニートの意味は無職である事では無かったりする

ニート 意味
近年増加しつつあると言われているニートが、どういう意味なのか実は正確に理解していない人が多いのではないでしょうか。

ニートというのは、基本的に働いていない人のことを指します。

しかしニートの意味というのは、ただ働いていないだけではありません。

ニートと呼ばれている人は、ある条件はを満たしていないといけないのです。

「ニートの意味は無職である事では無かったりする」の続きを読む…

ニートを減らすには仕事に対する考え方を変えるのが良い

ニート 減らすには
定職に就かず部屋に引きこもっているニートを減らすには、仕事の楽しさを教え今の生活から脱出させることが大切です。

一番の問題として、仕事は辛くて我慢した分だけその対価を得ることができるものと言う意識が根底にあり、そういった誤った価値感を少しでも変えさせることが重要になっていきます。

世間一般で言うニートを減らすには、こういった働くという行為に対する意識改革が大きな効果があり、引きこもり生活から脱出するための大きな糸口となっていきます。

「ニートを減らすには仕事に対する考え方を変えるのが良い」の続きを読む…

ニートは本気出すべきという周りの意見は意味が無い

ニート 本気出す
ニートならすぐに本気出す事が大切で、早く仕事を見つけるべきだと周りの人は言います。

しかし一般人でも本気出す事は難しい事なのにニートがそれを出来ると思いますか。

ニートになるきっかけはいろいろあると思いますが、その根底に流れているのは、自分は社会には必要とされていないという意識ではないかと思います。

人間が生きていくには衣食住が保証され、その上で自分が何かの関係性の中に含まれそこで役割を担うことが求められるはずです。

「ニートは本気出すべきという周りの意見は意味が無い」の続きを読む…

バイト面接が怖いニートは開き直るか面接のない仕事をしよう

ニート 面接 怖い
面接が怖いのはニートだけでなく、誰でも一緒だから開き直る事が大切です。

実際のところ仕事の面接では、落ちたらどうしようという不安が誰でも頭によぎってしまうものです。

世界でニートだけが面接を怖いと考えていると思ったら大間違いです。

いろんな物事でも同じですが、前に進んでいくためには勇気がいるのと同時に開き直りが重要です。

別に怖い面接官の人からニートなことをどう思われたって、質問されたって別にいいやと思ってみてください。

ニートは確かに合格率は低くなってしまいますが、採用される仕事は山ほどあるので探してみましょう。

「バイト面接が怖いニートは開き直るか面接のない仕事をしよう」の続きを読む…

これは効くかもニートのリハビリに好ましい方法

ニート リハビリ
ニートのリバビリでオススメなのは資格取得の勉強をする事です。

ニートは社会的に生きるための努力をやめてしまった人ですが、生きるための道具があったら働く意欲も沸く事でしょう。

資格の取得というのは、そういう意味でニート脱出の強力な道具になるかもしれません。

取得するまでが大変ですが、達成したときの喜びは大きなものになるでしょう。

けれど資格は種類によって取得したからといって劇的に何かが変わるわけではありません。

しかし普段から勉強して頭を使っていないといざ働こうと思った時に頭が働かないので、考える力を養うリハビリとしては良いと思います。

「これは効くかもニートのリハビリに好ましい方法」の続きを読む…