ニートが苦しい理由を8点まとめてみた

ニート 苦しい
ニートはハッキリいって苦しい生活を強いられています。

一見何もしないで、家でゴロゴロしているから楽だろうと考える人も多いでしょうがまったくの逆です。

何もしないで誰とも会わず、毎日が同じ生活というのは苦痛以外の何物でもありません。

それ以外にもニートが苦しい理由はたくさんあるので、元ニートの管理人がまとめてみました。

常識人だから

ニート 苦しい
ニートで現状が苦しいと思っている人は常識人なのです。

単純に何もしなくてグータラできてニート最高! と思っている人の方がどう考えても異常ですよね?

常識人ゆえに周りと色々比べてしまったり、自分のダメさを感じとってしまい苦しいのです。

親からのプレッシャー

ニート 苦しい
親がまともであれば、子供がニートだったら毎日の様にアレコレとちょっかいを出してきます。

金持ちの御曹司でもない限り、働かないと生きていけないので親は心配するのです。

中には家にお金を入れて欲しいとか、周りの目が気になるからという理由でプレッシャーをかけてくる親もいます。

とにかく色々な理由でニートは親からのプレッシャーという苦しい生活を強いられています。

友人と比べての劣等感

ニート 苦しい
ずっと友人がいなかったというニートは別ですが、大抵の人は友人がいるはずです。

そして、大抵の人は会社で働き社会人を送っています。

友人はちゃんと働いているのに自分は何をやっているんだろうという劣等感が、ニート達を苦しい状態にしています。

孤独だから

ニート 苦しい
友人は平日働いているし、劣等感を感じているので休日にも会いづらいですよね。

親や兄弟からは良く思われていないし、家にも外にも行き場が無くて孤独を感じてしまいます。

つまり、ニートはどこにも居場所が無くて苦しい思いをしているのです。

お金が無いから

ニート 苦しい
ニートは働いていないため当然お金がありません。

なので、欲しい物があったり消耗品が無くなったとしても買う事が難しいです。

お金で幸せが必ず買えるわけではありませんが、最低限のお金はニートでも必要なのです。

最低限のお金が無いというのはニートじゃなくても苦しい物です。

毎日刺激の無い生活

ニート 苦しい
ニートはお金も無く、働いているわけでもないので毎日の生活が同じ事の繰り返しです。

社会人であれば同じ仕事をしていても、なんらかの刺激が定期的にあるはずです。

しかしニートは何もしなくていいので常に楽な方向に流れていき、結局毎日何もしないでゴロゴロしているのです。

けれどまともな神経をした人間であれば、逆にそれが苦痛なのです。

やる事が無くて暇というのは、めちゃくちゃ忙しいのと同じぐらい苦しいのです。

将来への不安

ニート 苦しい
ニートはお金がないので、将来親が居なくなったらどうしようという不安を抱いています。

中には親がいなくなったら自分もいなくなると覚悟を決めている人もいますが、人間の覚悟なんてその時限りです。

結局定期的に不安に襲われて、自分を苦しい方向にもっていってしまうのです。

自分の情けなさ

ニート 苦しい
ニートのほとんどは自分を情けないと思っています。

ほとんどの人や友人が働いているのにも関わらず、自分だけ何もしないで家でゴロゴロしているのですから情けなく無い訳がありません。

常に自分はなんて情けないんだと思いながら生活していくのは、ニートにとってとても苦しい事なのです。

ニートが苦しい思いから開放される方法

ニート 苦しい
それは働くしかありません。

管理人の私はニート時代にアレコレ労働以外の方法でお金を稼げないか模索しましたが、ハッキリいってどれもほぼムリでした。

月に3万円程度稼げる方法ならいくつかありますが、一ヶ月の生活費を稼ぐぐらいとなるとホントに労働しかありませんでした。

定番のアフィリエイト・株式投資・FX・仮想通貨・同人誌販売・配信業、これらは希望がある様に思うかもしれませんが全部ダメでした。

もの凄く努力すれば毎月生活費分稼げるかもしれませんが、ハッキリいって働きやすい自分にあった仕事を探した方がかなり良いです。

アフィリエイトで月10万円稼ぐのにとある人は10,000時間掛けました。(※管理人の事ではありません)

それやりたいですか?

また、アフィリエイト業界はどんどん競合が出てくるので、生涯に渡ってその利益を出し続けるのはかなり難しいです。

さらに株式投資・FX・仮想通貨で管理人の私は300万円負けました。

国税庁の発表によると株式投資で引退した人を含めて負けている人は97%だそうです。

そんな薄い希望に大切なお金を賭けれますか?

他のニートで苦しい思いをしている人には、私の様に時間やお金を無駄にしないで欲しいです。

生きたいのなら働きなさい、働くってそこそこ大変だけどニートより全然良いですよ。

それに自分にも出来る仕事はあるし、居心地の良い自分にあった職場は必ずあります。

なので、そろそろ働いてみませんか?

ニート達にニート生活は苦しいか聞いてみた

001 ニートをするということはじつは学生の頃から頻繁に経験していて、ニート状態から何度も脱却に成功しているので、今のところは苦しくはないですが、以前ニートをしていた時はかなり苦しいと感じていました。

それこそ一日中苦しかった記憶があります。

002 ニートそのものは苦しいとは思いません。

周りからの理解は得られているので、いずれ何らかの形で仕事ができればとは思っています。

ただ、同居人に金銭的に迷惑をかけてしまうことが今後考えられるので、その点は苦しいと思います。

003 ニートは体調不良が原因で、すでに人生で一度経験しています。

今回は前回と違う理由で、どちらもしょうがないのですが何度経験しても辛いです。

お金に余裕があればまだいいのですが、一人暮らしということもありお金に余裕がないのでとても苦しいです。

004 苦しいです。働いていない自分に罪悪感を感じます。

外で暑さ寒さに耐えながら働いている人、頑張っている人をみるだけで、自分はなんてダメな人間なのかと感じました。

お店にいくと、高校生のアルバイトも頑張っています。

他国の人も日本語を覚えて、頑張っています。

どこに行っても、きっとみんなストレスを抱えながらも頑張って働いているはずなのだと感じて、そのたびに苦しくて苦しくて仕方ないです。

ニートになり、こんなに苦しいきもちになるとは思ってもいませんでした。

005 ニートで働かなくてもただ生きて行く事はできますが、やはりある程度の歳になっても親のすねをかじって生きているという苦しい気持ちがあります。

大学まで出してもらったのに働かないで家にいる子どもに対して、親はどんな気持ちだったのだろうとたまに思いました。

13:02 ニートが苦しい理由を8点まとめてみた はコメントを受け付けていません 未分類